街角キャリアメンテナンスとは

街角キャリアメンテナンスは、キャリアや人生の中で、ふっと悩んだ時、迷った時にご利用いただける、キャリアや人生のメンテナンスサービスです。
コーチングやキャリアカウンセリングの理論を用いて、あなたの潜在的な願いや欲求を言語化し、これからのキャリアを歩んでいくお手伝いをいたします。

その他、完全第三者として転職活動に伴走するサービス「転職伴走支援」を展開しています。

わたしたちがお手伝いできること

街角キャリアメンテナンスはおすすめの転職先を紹介したり、具体的なアドバイスをするものではありません。まず最初に私たちが行うのは、あなたの「本当の願い」の言語化です。人間関係や現実的な制限などの「しがらみ」によって本人でさえ自覚できていない「本当の願い」をまずは一緒に言語化していきましょう。

キャリアメンテナンス、2つのサービス

街角キャリアメンテナンスでは2つのメニューでであなたのキャリアのもやもやを解消いたします。ご要望に合わせてお選びください。

代表者挨拶(羽田 啓一郎)

こんにちは、羽田と申します。私は新卒でマイナビに入社し、40歳の歳になる2020年に会社を辞めて独立しました。都合17年間、会社員として充実した日々を過ごしていました。しかし、いろいろな不満や矛盾を見てみぬふりをしながら過ごしてきたとも言えます。結局、40歳になるときに自分を見つめ直し、会社を辞めることにしました。ただ、年齢や自分のこれまでのキャリア資本を踏まえると転職活動は思うようにいかず、結果的に「独立」をしました。

こうした経験の中で私が言えることは「キャリアの悩みは早めに向き合った方がいい」ということです。しかしこれは自分1人ではなかなか難しい。私も1人で悩んでいたからこそ、17年間も溜め込んでしまったとも言えます。

こうした私自身の経験を踏まえ、第三者に気軽にキャリアの悩みを相談できるサービスを作りました。それが「街角キャリアメンテナンス」です。私自身も対応させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

羽田略歴

立命館大学卒業後、株式会社毎日コミュニケーションズ(現マイナビ)に入社し、全日本空輸・日本IBM・三菱重工業・住友商事・KDDI・テレビ朝日・日本経済新聞・小学館などの大手企業の新卒採用営業を担当。年間MVPを受賞後、社内の新規事業立ち上げ責任者となり、MY FUTURE CAMPUS(MFC)、キャリア甲子園など複数サービスを立ち上げる。また同志社女子大学の嘱託講師、経済産業省「女性が輝く社会のあり方」委員会などの社外活動も経験。2020年3月に独立し、株式会社Strobolightsを創業。5社の事業開発アドバイザー業務や、早稲田大学、昭和女子大学、立命館大学など10の大学の講師を担当しつつ、自社サービスとして街角キャリアラボや街角キャリアメンテナンスなどのサービス開発も行なっている。

TOP